人気の楽天カード!!

↓9/25までは期間限定7,000P貰えます↓

【本音】エムアイカード<スタンダード>を作成するならエムアイカードを作成したほうがいいと思った二つの理由。

シェアする

エムアイカードに新たな仲間、エムアイカード<スタンダード>が加わりました。

エムアイカード スタンダード 3

名前に<スタンダード>がついただけなので内容はそれほど変わらないように感じるかもしれませんが、実は全く違います。

還元率、年会費、特典など全て変わってきてしまうんですよね。

今回はこの新たに誕生したエムアイカード<スタンダード>を徹底解説していきますが、個人的にはどうせ作成するならエムアイカードの方がいいかなと思います。

エムアイカード<スタンダード>の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

エムアイカード<スタンダード>の年会費は??

エムアイカード<スタンダード>の年会費は初年度が無料。

次年度から500円(税抜き)がかかります。

しかし、Web明細サービスに登録後に1回以上カードを利用すれば翌年の年会費は無料

コンビニでコーヒーやガムなどなんでも購入すれば、それだけで年会費は無料になります。

なので年会費は実質無料といっていいでしょう。

オッケー

また家族カードは1枚まで作成でき、年会費は無料。

ETCカードも発行手数料、年会費共に無料で作成が可能です。

ランニングコストはかかりません。

エムアイカード<スタンダード>の還元率は??

エムアイカード<スタンダード>は基本200円利用ごとに1Pのエムアイポイントが貯まります。

よって還元率は0.5%

正直、高還元とはいえません。

しかし三越伊勢丹グループでの買い物だとポイントが2倍になり、100円ごとに1%のポイントが付与されます。

三越伊勢丹 1

還元率は1%にアップするんですよね。

しかしセール品や福袋一部のブランドでは1%還元の対象ではありませんので注意が必要です。

ちなみにポイントアップ店舗というものがあり、こちらだと還元率は最大2.5%になりますよ。

ポイントアップ エムアイカード スタンダード 1

ビックカメラやソフマップなどもポイントアップ店舗になっています。

エムアイカード<スタンダード>のメリット

エムアイカード<スタンダード>のメリットは上記で行ったようにランニングコストが実質無料で三越伊勢丹グループで安く買い物ができるところです。

買い物 1

還元率は1%なので、もし10,000円買い物したら100ポイントが貯まり、次回の買い物で100円相当の割引ができます。

現金で支払った場合はこれらの特典がありませんので、利用するメリットは大きいと思います。

使えば使うほど節約効果は高くなりますよ。

エムアイカード<スタンダード>のデメリット

デメリットは基本の還元率が低いところです。

三越伊勢丹グループ以外では還元率が0.5%になってしまい、これは現在日本にあるクレジットカードの中でも低水準。

Yahoo! JAPANカード楽天カードなど、年会費無料で還元率1%台のクレジットカードはごろごろあります。

リクルートカードREXカードは1.2%以上です。

これらと比較すると2倍以上も変わってきます。

残念ながらメインカードとしては物足りないスペックなんですよね。。

エムアイカード<スタンダード>を作成するならエムアイカードを作成した方がいい

エムアイカード<スタンダード>のスペックを説明してきましたが、正直いいますと微妙なクレジットカードと言わざる終えません。

はっきりいってこのカードを作成するならばエムアイカードをつくることをオススメします。

エムアイカード2.2

その理由は下記の2点です。

還元率が最大10倍も変わってくる

エムアイカードをオススメする最大の理由は還元率の違いです。

エムアイカード<スタンダード>は三越伊勢丹グループでの還元率は最大1%。

1万円利用しても、100万円利用しても還元率は変わりません。

しかし、エムアイカードの場合は還元率は最大10%!!

なんと還元率は最大10倍も変わってくるんです。

エムアイカード 1

還元率10%にするには年間100万円以上買い物をしなければいけないのでハードルは少し高いですが、基本ポイントでも還元率は5%。

これでも雲泥の差です。

ちなみに年会費が2,000円(税抜き)とエムアイカード<スタンダード>と比較して4倍ほど変わってきますが、頻繁に買い物をする人ならばすぐに元がとれてしまいます。

自分だったら絶対にエムアイカードを作成しますね。

さらに最大25,000Pのボーナスもあり

エムアイカードの還元率は最大10%と上記で説明しましたが、それとは別にボーナスポイントというものも存在します。

こちらはさらに多くの買い物をした人が対象なのですが、達成した人には下記のポイントが追加で付与されるんです。

  • 200万円以上・・・10,000P
  • 300万円以上・・・15,000P
  • 500万円以上・・・25,000P

エムアイカード ボーナス 2

もちろんこのボーナスポイントはエムアイカード<スタンダード>には存在しません。

最大25,000ポイントって大きな違いですよね。

どのくらい差がでるのか??

もし三越伊勢丹グループで年間200万円買い物したとするとエムアイカード<スタンダード>とエムアイカードではこのくらいの差が出てきてしまいます。

  • エムアイカード<スタンダード>・・・2万ポイント
  • エムアイカード・・・最大21万ポイント

なんと最大19万ポイントも変わってくるんです!!

1P = 1円相当ですから19万ポイントならば高級ブランドのバッグを購入してもお釣りがきますね。

まとめ

今回はエムアイカード<スタンダード>のスペックとプロパーカードのエムアイカードと比較してきました。

三菱伊勢丹グループで大きな買い物を利用しなければエムアイカード<スタンダード>でもいいと思いますが、5万円以上利用する場合は年会費を含めてもエムアイカードの方がお得です。

買い物すればするだけ差が開いてくるのでそこだけは気をつけてくださいね。

損することがないようにしましょう。

個人的にはエムアイカード<スタンダード>よりもエムアイカードを作成するのが賢い洗濯だと思いますよ。

エムアイカードの公式サイトはこちら

Tポイントをゲットしてちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードの作成がオススメです。

 

なんと、現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円相当のTポイントが貰えます

yahoo 2

 

作成して3,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で5,000ポイント、合計8,000ポイントです

 

しかも、3,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方なら問題なく利用することが可能です。

 

少し前までは合計5,000ポイントしか貰えなかったので、その時と比較すると3,000ポイントも多くもらえますよ♪

 

是非このお得な期間に申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする