人気の楽天カード!!

今なら5,000P貰えます↓

【保存版】税金をクレジットカード払いして感じた注意点やメリット・デメリットのまとめ

シェアする

creditcard-1

国がキャッシュレス化を推進していることもあり、様々なところでクレジットカード払いが利用できるようになってきました。

そしてついには待望の税金関連にまでクレジットカードの利用が可能にっ!!

今回は実際にクレジットカードで税金を支払ってみましたので注意点やメリットやデメリットを徹底解説していきたいと思います。

税金をクレジットカード払いしようとしている方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

クレジットカード払いできる税金は??

tax-1

まず、クレジットカード払いできる税金にはどんなものがあるかチェックしていきます。

  • 申告所得税及復興特別所得税
  • 消費税及地方消費税 法人税
  • 法人税(連結納税)
  • 地方法人税
  • 地方法人税(連結納税)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
  • 源泉所得税(告知分)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税
  • 復興特別法人税(連結納税)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及たばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及地方道路税
  • 揮発油税及地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分)
  • 自動車重量税(告知分)
  • 印紙税
  • 軽自動車税
  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • 法人市民税
  • 事業所税
  • 市たばこ税

本当に様々な税金を支払うことができます。

個人だけでなく法人も利用できるのは大きなポイントですね。

税金をクレジットカード払いできる国際ブランドは??

続いて税金を支払うときに利用できるクレジットカードの国際ブランドです。

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • ティーエス・キュービック

国内で流通しているほとんどのクレジットカードが利用可能です。

おそらくほとんどの方が現在お持ちのカードで問題なく利用できると思いますよ。

クレジットカード払いできる上限額は??

税金の支払いともなると高額納税する方も多いと思います。

特に経営者はクレジットカード払いすればポイントをゲットできるなと考えているひとも多いですよね。

そこで気になるのが上限額だと思いますが、現在クレジットカード払いできる上限金額は990万円です。

それ以上の金額の場合は複数回に分割して支払うようにしてください。

ただ、990万円の税金を支払うのはごく一部の方だけだと思いますし、そもそもクレジットカードの上限額はもっと低いはず。

どちらかといえばクレジットカードの支払い可能額の方を気にする方がいいと思います。

税金を支払う前に必ずチェックするようにしましょう。

どのように税金をクレジットカード払いできるの??

クレジットカード払いできるのは下記のサイトです。

国税クレジットお支払いサイトは国税、Yahoo!公金支払いは地方税の納付が可能。

ここは間違えないようにしてくださいね。

ちなみにYahoo!公金支払いの方はTポイントを利用できるので、少額の場合はTポイントで全額支払うことも可能です。

もちろん一部の利用も可能。

どちらかといえばYahoo!公金支払いの方が使い勝手はいいので、国税の方も同じような仕様にしてほしいです。

税金をクレジットカードで支払う場合の手数料

残念ながら税金をクレジットカードで支払う場合は別途、手数料がかかってきます。

しかも上記で紹介した二つのサイトでは手数料が違うんです。

国税クレジットお支払いサイトの手数料

国税クレジットお支払いサイトの手数料は下記の通り。

納付税額決済手数料(税込)
1円 ~ 10,000円82円
10,001円 ~ 20,000円164円
20,001円 ~ 30,000円246円
30,001円 ~ 40,000円328円
40,001円 ~ 50,000円410円

Yahoo!公金支払いの手数料

次に、Yahoo!公金支払いの手数料です。

納付税額決済手数料(税込)
~ 5,000円38円
5,001円 ~ 10,000円78円
10,001円 ~ 15,000円117円
15,001円 ~ 20,000円157円
20,001円 ~ 25,000円196円

実はYahoo!公金支払いの方が手数料が安いんです。

さらに国税クレジットお支払いサイトでは10,000円単位ですが、Yahoo!公金支払いでは5,000円単位で支払えるのも魅力。

余分な手数料を支払わなくてすみます。

上記でも書いたようにTポイントも利用できますから、こうなるとYahoo!公金支払いの方が全然いいですね。

国税の支払いも手数料を下げて欲しい。。

税金をクレジットカードで支払いをする際のメリット

クレジットカードのポイントが貯まる

一番のメリットはクレジットカードのポイントが貯まることです。

最近は還元率1%以上のクレジットカードがたくさんありますので、こちらを利用すれば手数料を考慮してもお得になる場合があります。

特に地方税の場合は手数料が安いので国税よりもクレジットカード払いのメリットを教授できるはずです。

もし還元率1%のクレジットカードで100,000円支払った場合は1,000ポイントが貯まります。

一方、手数料は788円(税込)。

creditcard-tesuuryo

1,000 – 788 = 212ポイントはお得になりますね。

還元率が高ければ高いほどお得になりますよ。

ただし、アメリカンエキスプレスなどの一部のカードは税金の支払いは還元率が下がる場合もあるので注意が必要です。

自分の保有しているクレジットカードの還元率をしっかりと調べてから支払うことをオススメします。

ネットで検索できない方はオペレーターに電話で聞くのが最も早いです。

家から簡単に納付ができる

家からサクッと納付ができるので時間の節約になります。

コンビニまで近ければさほど問題ではありませんが、電車や車での移動が必要な場合は時間だけでなくお金もかかります。

手数料を含めてもクレジットカード払いの方が安かったなんてことはあるかもしれません。

高還元率のクレジットカードで支払う人は、むしろ家から支払った方がお得になるので時間とお金、両方を得られることになりますね。

税金をクレジットカードで支払いをする際のデメリットや注意点

税金をクレジットカードで支払う際にはメリットもありますが、デメリットも存在します。

領収書がでない

残念ですが税金をクレジットカードで支払うと領収書がでません

領主書が欲しい人は金融機関がコンビニで支払うようにしましょう。

手数料が発生する

上記でも紹介しましたがクレジットカード払いの際は手数料が発生します。

よってこの分は余分な出費となってしまうので注意しましょう。

低還元率のクレジットカードで支払いをした場合は損することになります。

地方税の場合は対応していない都道府県も!?

地方税の種類によってはYahoo!公金支払いができない都道府県もあります。

その場合は残念ながらクレジットカード払いができませんので注意しましょう。

自動車税や軽自動車税などは多くの都道府県が対応していますが、中には1都道府県しか対応していない税金もありました。

税金をクレジットカード払いしてみました

非常に興味があったので税金をクレジットカード払いしてみました。

今回は地方税なのでYahoo!公金支払いを利用。

まずはサイトに行って、どの税金を支払うかを選択します。

yahoo-koukin-1

続いて都道府県を選択。

yahoo-koukin-3

次ページには手数料、支払シミュレーターがあるので、こちらで手数料を確認しておくようにしましょう。

creditcard-tesuuryo

最下段までいって「お手続きはこちら」をクリックして次に進みます。

yahoo-koukin-4

続いて納付番号と確認番号を入力。

yahoo-koukin-5

次ページで金額がでますので、確認してからクレジットカード番号を入力しましょう。

問題がなければ次ページにいって支払いを完了させてください。

yahoo-koukin-6

以上で完了です。

最後のページで画面を印刷できるバナーがありますので、こちらを押してページを印刷しておくことをオススメします。

手数料を支払うのが嫌な方は??

どうしても手数料を払いたくない人はnanacoとクレジットカードを利用した裏技をオススメします。

ただし、こちらは手間がかかる上に一度に30万円以上の税金は収めることができません。

その点は注意してくださいね。

詳しい方法は下記ページに記載してあります。

確定申告の時期が終わると、所得税を支払う人もいると思います 自分も給料以外の収入が20万円以上になったために、確定申告をしにいき、...

まとめ

今回は税金のクレジットカード払いについてメリット・デメリットを含めて徹底解説してきました。

手数料はかかりますが、高還元率のクレジットカードを利用すればお得になりますので個人的には現金での支払いよりもメリットは多いと思います。

税金を節約する方法の一つといってもいいでしょう。

ちなみにリクルートカードならば年会費無料にもかかわらず還元率は1.2%

リクルートカード アイキャッチ

このカードを利用して支払いをすれば手数料を支払ったとしてもお得になります。

これから税金をクレジットカード払いしようとしている方は是非リクルートカードを作成してから支払うようにしてくださいね。

リクルートカードの公式サイト

リクルートカードという名前を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?? 最近は雑誌やカードを取り扱っている書籍で常にラ...

【5日間限定】超お得なキャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、11/11までの5日間限定でYahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大11,000円相当のTポイントが貰えます

yafoocard-11

 

作成して5,000ポイント、1回利用に付き2,000ポイントを3回利用で合計11,000ポイントです

 

しかも、5,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならばなんと6,000ポイントも多くもらえますよ♪

 

5日間限定のキャンペーンなので急いで申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする