人気の楽天カード!!

今なら5,000P貰えます↓

【徹底比較】ヤフーカードと楽天カードってどっちがいいの?? 両方を保有している自分が迷っているあなたの背中を押しちゃいます

シェアする

クレジットカードの2大巨頭といえばヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Yahoo JAPANカード 3

そして楽天カードで間違い無いでしょう!!

楽天カード 1.1

日本ではこの2つが圧倒的な存在感を出しており、様々なメディアでオススメのクレジットカードとして紹介されていますよね。

でも、いざ作ろうと思ったら「どっちが自分に適しているのかな??」と心配になる人も多いはず。

今回は両方のカードを持っている管理人がそれぞれを比較してメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

いま、現在進行形で迷っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードの年会費を比較

まずはヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードの年会費から比較していきましょう!!

でも実は両者ともに年会費や発行費用は無料なんです。

オッケー

保有しているだけならばランニングコストは一切かかりません。

もし、作成してからずっと押入れにしまってあったとしても0円。

こちらが負担するものは何もありません。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードで貯まるポイントを比較

続いて、両者を利用することによって貯まるポイントを比較していきます。

まず、ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)ですがこちらは利用するとTポイントが貯まっていきます。

しゃぶ葉 Tポイント

TポイントはTSUTAYAをはじめ、コンビニのファミリーマート、すかいらーくグループ、Yahoo!グループ、三越伊勢丹などなど、様々な店舗で利用可能。

Tポイントを普段から貯めている人はヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)が適していますね。

一方、楽天カードで貯まるポイントは楽天スーパーポイントです。

楽天ポイント 1.1素材

こちらは楽天グループ、マクドナルド、くら寿司、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、松坂屋などなどこちらもいろんな店舗で利用することができます。

楽天スーパーポイントを利用する機会が多い人は楽天カードがぴったりです。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードの還元率を比較

クレジットカードといえば還元率も大事になってきますよね。

ポイント還元率

まず、ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)ですがこちらは100円利用するごとに1ポイント貯まっていきます。

よって最大還元率は1%です。

楽天カードは月間利用金額の100円ごとに1ポイントが貯まります。

こちらも最大還元率は1%。

両者ともに1%と差異はありません。

しかし、さらに突っ込んでみて見ると両方のカードで180円の買い物を月に10回したとします。

するとヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)ではTポイントが10P。

楽天カードでは18Pとかなり差が出てしまうんです。

ポイントが付与される条件がそれぞれ違いますので、こちらはかならず覚えておきましょう。

ポイントの貯まりやすさは若干ではありますが楽天カードの方が優れていますよ。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードのメリットを比較

続いては両者のメリットを比較。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)を保有する最大のメリットはなんといってもYahoo!ショッピングでのポイント倍増です。

Yahoo!ショッピングの支払いをヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)で会計すると、それだけでポイント+2%上乗せされます。

Yahoo!ショッピングはソフトバンクユーザーでかつ”5のつく日”に買い物をするだけでポイントが14倍になりますので、これにヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)の特典を合わせれば最大16倍にすることができますよ。

Yahoo!ショッピングでよく買い物するという方はヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)を持つメリットは大きいです。

続いて楽天カードですが、こちらは楽天市場でのポイントが+2%倍増されます。

楽天カード +2%上乗せ

楽天市場での買い物がお得になりますね。

また、楽天市場以外でも楽天グループのサービスを利用する時はポイントが倍増されることがあります。

楽天のサービスを利用している方は楽天カードの方が断然お得です。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードの電子マネーチャージを比較

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)はnanacoへのチャージでポイントが付与されます。

nanaco

1,000円チャージすると5ポイント付与。

還元率は0.5%です。

ポイントの付与率自体はリクルートカードならば1.2%と、ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)に比べ倍以上違いますので、そこまで高い還元率ではありません。

リクルートカードからnanacoチャージでポイントが付与されるのは毎月3万円が上限

楽天カードの場合は楽天Edyの機能がカードに付帯されており、もちろん楽天カードからチャージが可能。

楽天Edy 2

1,000円につき5P貯まりますので、ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と同様に還元率は0.5%となっています。

両者でチャージできる電子マネーは変わってきますが、還元率は同じです。

普段からnanacoを利用している方はヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)、楽天Edyを利用している方は楽天カードを選ぶようにしましょう。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードのキャンペーンを比較

最後にヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードのキャンペーンを比較してみたいと思います。

クレジットカードを作成する時はこちらも大事ですよね??

まずヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)ですが、こちらはTポイントが最大8,000ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。

yahoo 2

作成して5,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で3,000ポイント、合計8,000ポイントと大判振る舞いのキャンペーン。

しかも、5,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

ポイントは期間固定Tポイントなので”ヤフーショッピング”、”ヤフオク!”、”LOHACO”などのヤフーのサービスでしか使えませんが、この3サービスなら欲しい商品が必ず見つかると思います。

続いて楽天カードですが、こちらは楽天ポイントが最大5,000P 〜 8,000P貰えるキャンペーンを実施中です。

楽天カード 8,000円 1

どうせ作成するなら8,000ポイントの時がお得ですよ。

だいたい1ヶ月に1度は7,000P〜8,000Pのチャンスがきますので、その期間を狙って作成するのがお得です。

ちなみにこちらは作成して2,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で5,000〜6,000ポイントが貰えます。

両カードともに、作成するだけでポイントを大量にゲットすることが可能です。

まとめ

今回はヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)と楽天カードについて比較してみました。

まとめると、Yahoo!のサービスを日頃から利用していてTポイントを貯めている方はヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)。

楽天のサービスを利用していて楽天スーパーポイントを貯めている人は楽天カードがベストでしょう。

ただ、先ほども言いましたが両カードともに年会費は無料のため、ランニングコストは一切かかりません。

作成するだけでも大量のポイントが貰えますので、カードが1枚増えることに抵抗がなければ両方作成してみるというのも一つの方法だと思いますよ。

しっかりと考えてから作成してくださいね♪

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンを確認する

楽天カードのキャンペーンを確認する

キャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大8,000円相当のTポイントが貰えます

yahoo 2

 

作成して5,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で3,000ポイント、合計8,000ポイントです

 

しかも、5,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならばなんと3,000ポイントも多くもらえますよ♪

 

是非このお得な期間に申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする