楽天カードを使ってわかった評判やメリット、デメリットのまとめ!!

シェアする

自分のメインカードの一つに楽天カードがあります

特典も多くあるため自分はかなり満足しているクレジットカードなんですが、どうやら多くの方が自分同様に満足しているようです(^ ^)

その証拠に、サービス産業生産性協議会における平成27年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査において、7年連続ナンバーワンに輝いているんですよね♪

楽天カード 1

まさに、クレジットカード界のエースといったところでしょうか??

この度、楽天市場でのポイント改善など、さらに特典が増えましたので、今回は、楽天カードの評判やスペック、そしてメリットやデメリットについてもういちどまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

楽天カードのスペック

楽天カードのスペックは、以下のようになっております。

名称
国際ブランド
VISA、JCB、MasterCard
年会費
永年無料
ポイント
楽天スーパーポイント
還元率
1.0%〜3.0%
締切日
毎月末日
支払い日
翌月27日
盗難補償
6日前までさかのぼり補償
ショッピング保険
なし
再発行手数料
無料
本人認証サービス
対応

楽天カードを使って貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」です。

ポイント有効期限は1年間(有効期限内にショッピングをすれば期間延長)となっています

これまで、楽天カードは楽天グループ内で比較的高スペックなカードでしたが、2015年12月17日より楽天カードに「楽天ポイントカード」機能が追加されました。

楽天ポイントカードは…

  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • 出光
  • 大松松坂屋
  • ミスタードーナツ
  • しゃぶしゃぶ温野菜
  • プロント
  • サカイ引越センター
  • Joshin
  • 生活彩家 etc…

などの店舗でカードを提示することによりポイントが付与されます

貯めた楽天ポイントは、街中はもちろんのことネット上の楽天グループでも1ポイント=1円相当で利用可能です。

楽天カードの評判は??

続いて楽天カードの評判や口コミをネット上で見かけましたのでいくつかご紹介いたします。

下記のようなつぶやきが見つけられました

 

 

  楽天カードは知名度も高く、いろいろな口コミを見つけることができましたが、やはり楽天で使うのがお得という意見が多かった印象です

楽天カードのメリット

選択肢が多い

国際クレジットカードブランドがVISA、マスター、JCBと3種類あるのは選択肢が多くていいですね。

海外旅行に行く人などは、国際クレジットカードブランドを気にする人も多いので、選択肢が多いのはいいことです。

 支払方法も選択肢が多いです。

1回払いや分割払いに加えて、ボーナス払いやリボ払い、2回払いなどが用意されていますので、お財布の状況に応じて支払方法を変えるのもありだと思います。

審査に比較的通りやすい

申込対象者が高校生を除く18歳以上ですので、18歳以上の人であればほぼ申込対象者となります

申込の間口が広いだけでなく審査のハードルもクレジットカードの中では比較的低い方で、クレカデビューの方にもおすすめです(^ ^)

ちなみに自分も初めて作成したクレジットカードはこの楽天カードでしたww

また、学生の方には「楽天カードアカデミー」がありますので、審査に不安を覚える方はこちらにするのもいいでしょう。

楽天カードには、レギュラーカード以外にもゴールドカードやブラックカードがありますので、楽天カードでのステップアップ審査も比較的スムーズです。

保険も充実

旅行費用や航空券代を楽天カードで支払う「利用付帯」という条件がありますが、海外旅行に出かける方には手厚い補償が待っています。

旅行保険 飛行機

特にうれしいのが「傷害疾病」で、海外旅行保険というととかく「死亡後遺障害」に目が行きがちですが、実際に利用する可能性が高いのは傷害疾病です。

これが付帯していない保険も多い中、楽天カードには200万円の傷害疾病が付帯してますので、保険がきかない海外での治療にはうれしい限りですね。

海外旅行保険だけでなく、楽天カードには「カード盗難保険」もあります。 盗難されたカードで万が一不正利用された際には、楽天の規定によって損害額を補償してくれるのです。

安心の機能も充実

楽天カードが安心なのは海外旅行に行く人だけではなく、国内で楽天カードを利用する人も同じです。

「カード利用お知らせメール」は、利用明細書が手元に届く前にメールで利用をお知らせしてくれますので、万が一不正利用された際にもすぐに発見できます。

残念なことに、楽天市場に加盟しているお店の中にはよくないお店もまれにあります。 すでに楽天カードで決済はしたのだが商品はまだ届いていない、それにもかかわらずお店との連絡が取れなくなった場合には、「商品未着あんしん制度」を利用しましょう。

楽天で所定の調査を行ったうえで当該店舗からの請求を取り消してくれます。

また、楽天カードには「ネット不正あんしん制度」もあり、ネットショッピングで不正利用が明らかになった際には最高で500万円補償してくれますので、インターネットショッピングでも安心してお買い物を楽しんでいただけます。

ANAマイルとの相互交換が可能

楽天カードの利用によってたまる楽天スーパーポイントは、ANAのマイルと相互交換が可能です。

ANAマイレージカード

ANAのマイル1万マイルを楽天スーパーポイント1万マイルに交換することができますし、楽天スーパーポイント2ポイントをANAのマイル1マイルと交換することもできます。

「ANAのマイルがあと少しで特典航空券に交換できるのに」と言う時には、不足分を楽天スーパーポイントで補うことができますし、ANAのマイルはあるが特典航空券に交換する予定のない方は、マイルを楽天スーパーポイントに交換すれば、お得にネットショッピングを楽しめます。

ただ、マイルに交換する場合は価値が半分になってしまうのであくまでポイントの補填という使い方がいいでしょう

楽天グループ内における楽天カードの付与率がアップ

楽天グループに出楽天カードを使うことによって、ポイント付与率がアップしました。

これは誰もが待ち望んでいた改善でしょう!!

これまでは還元率が2%だった楽天市場も、「スーパーポイントアッププログラム 各種サービスご利用でいつでも毎日ポイント7倍」に参加することで…

還元率が4%となります。

楽天カード ポイント4倍

これまでと比べると一気に2倍です!!

還元率2%だったときはこの事が結構いろいろいわれていましたが、これで文句なく、楽天市場で使うには一番お得なクレジットカードとなりましたね

街中でカードを使わなくてもポイントが貯まる

これまで、楽天カードはクレジット決済をしないとなかなかお得が実感できないカードでした。

しかし、楽天カードに楽天ポイントカード機能が追加されたことによって、楽天カードを楽天ポイントの加盟店で提示するだけで、楽天ポイントを貯めることができるようになったんです

クレジットカードをあまり使いたくない人でもメリットが増えました♪

これから楽天カードを作成する方は”クレジットカード”、”楽天Edy”、”楽天ポイントカード”の最大3つの機能を付帯することができますよ

楽天カードのデメリット

メリットがかなり強調されている楽天カードですが、もちろん注意点「改善して欲しい!!」というポイントはいくつかあるんです

下記でいくつかご紹介させていただきます

ETCカードの年会費が有料

楽天カードを持っている方は、希望すればETCカードを追加発行することもできますが、年会費は無料ではなく…

540円かかります。

発行コストがかかるのは、ローコストで高還元率の楽天カードにあってはデメリットといえるかもしれません。

 ETCの発行手数料や年会費を有料にしているのは、最近のクレカの趨勢のようですね(^^;;

しかし、会員ランクがプラチナやダイヤモンドの方は初年度年会費が無料になりますし、ETCカードの年会費請求月に会員ランクがプラチナ・ダイヤモンドの方は翌年度も年会費が無料となります。

会員ランクが高い方は作成してもいいかもしれません

券面がちょっとダサい

楽天カードのネットショッピングでの使い勝手は悪くないのですが、このカードを使って街中でショッピングする際には少し使い勝手がよくありません。

その大きな理由は、券面のダサさでしょう。

券面のダサさの大きな要因は、どの楽天カードでもカードの左上にデカデカと記載されている「楽天」のロゴマークです。

楽天カード 1

このロゴは正直ちょっとチープな感じがするので、Yahoo!カードよりも人前では使いにくいのは確かです。

もっとも、それならばネット決済や電気代、ガス代に使えばいいだけの話ですし、さらにデザインがひどいカードはいくらでもありますので、それほど気にする必要はないかもしれません。

デザインセンスも人それぞれですしねww

期間限定ポイントが多い

楽天のサービスを利用すると、何かにつけてざくざくポイントが貯まってうれしい限りでが、一気に大盤振る舞いする楽天スーパーポイントのほとんどは「期間限定ポイント」です。

テレビコマーシャルでも、「年会費無料で楽天スーパーポイント8000ポイントプレゼント」というキャッチコピーが目を引きますよね。

しかしこのポイントの有効期間が半端でなく短く、ポイント付与から2週間近く経過すると失効してしまうポイントまであるのです。

といっても、楽天を使っている人ならばすぐに使えると思いますし、楽天ポイントカードが使えるお店で使っても問題ありませんので使い道は多くあります(^ ^)

こちらはデメリットというよりも注意点といった感じです

海外のキャッシングはリボ払い

もちろん日本国内のみならず、海外でも楽天カードは利用可能です(^ ^)

現地の銀行ATMを使って現地通貨をキャッシングすることもできますが返済方法には気を付けなければなりません。

楽天カードを使って海外キャッシングをすると…

自動的にリボ払いになってしまうのです。

リボ払いは分割払いの一種ですが、分割払いよりも金利手数料が高くつくのが玉にきず(^^;;

余計なお金をあまり支払いたくない人は、リボ払いの1回あたりの支払額を引き上げてから海外に行くようにしましょう。

広告メールがちょっと多い

使っている分にはメリットの多い楽天カードですが、最も意見が多いのが「広告メールの多さ」でしょう。

楽天カードに申込をする際には自分のメールアドレスを記入しなければいけませんが、そのメールアドレスに大量の広告メールが送られてくるのです(^^;;

毎日何通も送られてくる場合もありますので、「広告メール受信を希望しない」設定に変更したり、メーラーの設定を変更したり、ほとんど使わないフリーメールアドレスを登録しておけば、ウザったさからは解放されます。

この辺は工夫次第で解決可能です(^ ^)

楽天カードのまとめ

楽天カードは年会費無料で持てるクレジットカードとしてはメリットが多く、使い勝手も抜群です

デメリットや注意点もありますが、避ける気になれば避けられる類のものなので気にする必要はないと思いますww

メリットを最大限活用することを考えましょう(^ ^)

自分も作成してから数年がたちますが、楽天Edyも付帯しているので非常に重宝しています♪

クレジットカードをこれから持とうとしている20代の人に得にオススメできるカードですよ

また、楽天カードを作成、使用しただけでポイントがもらえるキャンペーンも随時行っていますが、いつキャンペーンが終わるかわかりませんので早めに申し込みしてくださいね

楽天カードのキャンペーン詳細はこちら

キャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大7,000円相当のTポイントが貰えます

ヤフーカード 7,000円

 

作成して3,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で4,000ポイントで合計7,000ポイントです

 

しかも、3,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならば2,000ポイント多くもらえますよ♪

 

12月8日までの期間限定なので、是非このお得な期間に申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする