自動車保険ってどう選べばいいの?? 種類の内容やおススメの保険を紹介します!!

シェアする

自動車を持っている方であれば、ほとんどの方が加入している自動車保険

このサイトの読者の方も加入している方が多いと思います。

自動車保険 1.1

しかしながら、この自動車保険ですが、保険会社が多すぎて、どこの保険を利用するか悩んだ経験はありませんか?

自動車保険の中身も分りづらく、どこの保険会社を選択すれば良いか迷ってしまいますよね。

とはいっても保険会社によって保険料やサービスも変わってきますし、適当に選ぶわけにはいけません。

あんまり安い保険はサービスが不安ですし、高い保険は払いたくないですよね(^^;;

そこで今回はコストパフォーマンスに優れたおススメの自動車保険について保険の内容とともにご紹介していきます。

スポンサーリンク

自動車保険には2種類の保険がある

自動車保険には主に2種類の保険があり、どちらにも長所と短所があります。

まずは2つの保険について、理解していきましょう(^ ^)

ダイレクト型の自動車保険

ダイレクト型の自動車保険とは主としてインターネットで申込することが出来る保険のことです。

保険 ダイレクト 1

原則として保険の選択や万一事故にあった場合の連絡などはすべて加入者自身でやる必要があります。

顧客と保険会社がダイレクト(直接)で契約していることからダイレクト型と呼ばれています。

店舗型よりも保険料が安めに設定されているのが特徴です。

代理店型の自動車保険

代理店型の自動車保険は保険会社が代理店に保険の説明、手続きを委託し、顧客は代理店を通じて契約する保険のことです。

車 営業 保険

代理店手数料や実店舗がダイレクト型の自動車保険と比較して多いため、保険料が高くなりがちです。

しかし、その分代理店を通じて契約するので、わからないことがあれば営業マンへ密に連絡が取れるということがメリットになります(^ ^)

全自動車保険の9割以上がこの代理店型ともいわれており、中でも自動車メーカーのディーラーが代理店をやっているケースが多いですね。

安かろう悪かろうは本当か?

自動車保険を選択する際に「安い保険料では不安だから高い保険料の保険にした方が良い」ということを思ったり、または周りから言われたことがあるのではないでしょうか?

俗にいう「安かろう悪かろう」ということですね。

しかしながらこれは…

自動車保険に当てはまるとはいえません

ダメ バツ NO

自動車保険は「純保険料」と「付加保険料」の二つの保険料から成り立っています。

純保険料は契約者に支払うためのお金で、付加保険料は代理店の手数料や人件費、店舗の家賃などに必要なお金です。

ダイレクト型の自動車保険と代理店型の自動車保険の保険料の違いは純保険料ではなく、付加保険料にあります。

ダイレクト型の自動車保険の場合はインターネットを利用して直接申し込みするため、代理店手数料がなく、店舗の人件費、店舗などにかかる経費も限定的です。

そのため代理店型よりも付加保険料が安くなります。

純保険料を安くしているわけではありませんので、提供しているサービスには差が出ません。

ですので、保険料が安いからと言って必ずしもサービスが落ちるわけではありません。

自分でしっかり手続きできる方は保険料が安めに設定されているダイレクト型の自動車保険でも代理店型の自動車保険と同じ保険内容にすることが出来ます。

逆に自分でいろいろと調べるのも面倒くさいし、しっかり担当の人と話し合って決めたいという方は代理店型の自動車保険がオススメですね♪。

おススメの自動車保険について

ダイレクト型の自動車保険と店舗型の自動車保険。

いずれも一長一短がありますので、ご自身の自動車保険に対する知識によってどちらにするか決めるのが良いでしょう。

今回は代理店型の自動車保険とダイレクト型の自動車保険のそれぞれおススメの自動車保険について解説していきます。

代理店型の自動車保険は商品よりも代理店の人柄を重視

代理店型の自動車保険の場合は商品そのものというよりも、代理店の人そのものが重要でしょう。

なぜならば商品を提案する人は損害保険会社ではなく代理店の人だからです。

握手 1

当然あなたが代理店の人から自動車保険を申し込みした場合は保険料に応じた手数料が代理店の方に入ってきます。

代理店の方の中には高額な手数料目当てで必要のない補償や特約をたくさん付帯させ、契約させるという方も少なくありません。

しっかりと親身になって相談してくれ、「この特約はいらないのでは?」ということや「この補償はこういう理由で必要ですよ」などと相談に乗ってくれる方であれば、どの保険会社でも安心して利用できるかと思います(^ ^)

逆に専門用語で一方的に説明し、いろいろな特約を押し付けてくる代理店の方であれば、その保険には加入しない方が良いでしょう。

ダイレクト型の自動車保険のおススメについて

ダイレクト型の自動車保険の場合は保険の内容は全て自分で選択しなければいけませんので、代理店型のようにひとまず全て営業マン任せというわけにはいきません。

そこで今回はおススメのダイレクト型の自動車保険について解説していきます。

ダイレクト型の自動車保険を選択する際に参考にしてみてください。

イーデザイン損保は充実の対応

まず、おススメできるダイレクト型の自動車保険会社として名前があがるのが「イーデザイン損保」です。

イーデザイン損保 ロゴ 1

損保会社大手の東京海上日動のグループ会社になります。

会社規模の大きさ、企業の体力からいっても安心して利用できるダイレクト型の自動車保険会社の一つですね♪

特徴として事故対応力の高さがあります。

1事故につき専任担当者と東京海上日動のグループのスタッフと連携し担当してくれますので、安心した事故対応をしてくれます。

またセカンドオピニオンサービスというサービスもあります(^ ^)

窓口を設けており、保険金について担当者以外の意見を聞けるというサービスで、複数の意見を聞くことができますので、さらなる安心を得ることが可能です。

以上のようにイーデザイン損保はダイレクト型の自動車保険の不安点である担当者を手厚くカバーしている点は大きなメリットと言えるでしょう。

無事故割引も付帯しており、「無事故で保険を利用しないのに高い保険料を払っていて納得できない!」という不満も少なくなります。

しかしながら、他のダイレクト型の自動車保険よりも保険料がやや高めに設定されているというデメリットもありますので、金額を重視している方にはあまりオススメできません。

SBI損保は保険料の安さがトップクラス

保険料はなるべく安めに抑えたいという方は「SBI損保」の自動車保険をおすすめします。

SBI損保 ロゴ 1

SBIグループになりますので、会社としての信用度も申し分ありません!!

他社と比較してもトップクラスに安い保険料となっており、特に走行距離が短い人やあまり自動車を利用しない方であれば魅力的な保険でしょう(^ ^)

保険料を抑えている分だけシンプルな自動車保険になっていますので、非常にわかりやすいという特徴もあります。

保険料の安さを重視する方はSBI損保がオススメですね♪

まとめ

2種類の自動車保険の内容についてとおススメのダイレクト型の自動車保険についての説明をさせていただきましたが、理解できましたでしょうか??

代理店の方と密に連絡を取りたい方や信用できる方は代理店型の自動車保険がおすすめ。

逆に自動車保険についてある程度の知識を持っており、保険料を安めに抑えておきたい方はダイレクト型の自動車保険をおすすめします。

現在自動車保険契約の9割以上の方が代理店型の自動車保険を契約しています。

日本の保険については昔から生命保険も損害保険もそうなのですが、「他の人も同じような保険だから」、「親戚のすすめだから」、「営業マンに任せておいた方が良いから」という理由で中身を吟味せず、契約に至ってしまう場合が多いです。

自動車保険は何年もかける保険ですし、数年、数十年たつと大きい金額になってきますので、今一度ご自身の自動車保険を見直してみましょう!

ちなみにどの保険を選んだらいいかわからないという方や、保険の見直しを考えている方は、自動車保険の見積もりを一括でできるサイトを利用するのがいいと思います。

自分でいちいち調べなくても、すぐに自分に合った保険会社が見つかるので、非常に便利ですよ♪

自動車保険を一括見積もりする

キャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大10,000円相当のTポイントが貰えます

ヤフーカード 2017 5月

 

作成して5,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で5,000ポイントで合計10,000ポイントです

 

しかも、5,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならばなんと5,000ポイントも多くもらえますよ♪

 

2017年6月28日(11:59)までの期間限定なので、是非このお得な期間に申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする