Kyashを使えば割り勘が超簡単!! 実際に利用してpaymoとの違いを確認してみました。

シェアする

現在、paymoなどの割り勘アプリが続々と登場してきています。

友達と簡単にお金のやり取りができるということもあり、使っているユーザーも多いでしょう。

そんな盛り上がっている割り勘アプリですが、この度Kyashという新たなアプリも登場しました。

kyash 1

こちらも割り勘アプリなんですが、paymoとは違った部分も多くあります。

今回はこのKyashを実際にインストールしてみましたので、特徴などを紹介していきたいと思います。

先にちょこっというと、個人的には結構使えるアプリだと感じました。

スポンサーリンク

Kyashとは??

Kyashは個人間で送金を無料で行えるアプリです。

先ほどから行っている通り、簡単に言えば割り勘アプリですね。

友達と一緒に食事に行った時や、ボウリングにいった時、さらには映画に行った時など、割り勘できる場面ならばどんな時でも利用可能です。

日常の様々なシーンで役に立ってくれます。

この記事を書いている2017年5月現在はiOS版しかリリースされていませんが、今後はAndoroid版もリリースするとのことです。

ちなみに決済は1回3万円まで。

1ヶ月あたり12万までという上限がありますの注意してください。

KyashとPaymoの違いは??

残高はVISA加盟店で利用できる

paymoとの大きな違いは相手から受け取ったお金(残高)の使い方です。

paymoの場合は残高を自分の口座に入金してもらうか、相手への支払いで利用できますが、Kyashの場合はちょっと違います。

Kyashの場合はVISAのバーチャルプリペイドカードにチャージされる形になり、このカードでオンラインのVISA加盟店で利用できるようになるんです。

Kyash 3

Amazon、楽天、Yahoo!などVISAが利用できる店舗ならばどこでも利用できますよ。

ただし、あくまでバーチャルプリペイドカードなので、コンビニやスーパーなどのリアル店舗では利用できません。

個人的にはリアル店舗でも利用できるようになれば、ほぼ死角なしのいいアプリだと思うので、ここが少し残念でした。

今後、プラスチック型のカードがでてくることを期待したいと思います(^ ^)

ただ、どうしてもリアル店舗で利用したいという方はクレジットカードからモバイルSuicaにチャージができますので、そうすれば間接的にリアル店舗で利用できるようになりますよ♪

Kyashは誰にでも請求が可能!!

請求方法は今の所、Kyashの方が優れています。

paymoの場合は今の所、自分と相手、両方がアプリをダウンロードしていなければ利用できませんが、Kyashの場合は相手がアプリをダウンロードしていなくても請求が可能なんです。

こんな感じでLINEやFacebook、Twitter、メールで請求ができます。

Kyash 請求 1

もちろん、本人確認や銀行口座の情報は必要ありません。

今後はpaymoでも相手がアプリをダウンロードしていなくても請求できるようにするとのことですが、初めから実装してきてKyashは請求方法では一歩リードしていると思いますね。

実際、paymoの場合は相手にもダウンロードするように説明したりするのが結構面倒だったので、相手がpaymoを持っていない場合はKyashで請求する方が手間取らなくていいかもしれません。

Kyashの会員登録方法

Kyashを使うにはまずはApp Storeからアプリをインストールしましょう。

Kyash(キャッシュ) - かんたん送金アプリ 請求や割り勘にも

Kyash(キャッシュ) – かんたん送金アプリ 請求や割り勘にも
開発元:Kyash
無料
posted with アプリーチ

さきほども行ったように現在はiOS版しかリリースされていません。

Kyashを開くとまずは会員登録をする必要があります。

Kyash 11

Facebookかメールアドレスで登録できますので、好きな方を選択しましょう。

自分はメールアドレスを選びました。

Kyash 12

メルアドで登録する場合は名前とアドレス、パスワードを入力する画面にいきます。

Kyash 13

続いて、電話番号認証。

Kyash 14

最後にプロフィール画像とIDを登録しましょう。

Kyash 16

これで終了です。

Kyash 16

また、全てのサービスを利用するにはメール認証をしなければいけませんので、アカウントからそちらも完了させておくようにしましょう。

Kyash 18

Kyashの請求方法

Kyashで請求するにはホーム画面から下にある”+”をクリックします。

Kyash 請求 1

すると、”請求”、”送金”が出てきますので、請求をクリック。

Kyashu 請求 2

あとは金額を入力。

Kyashu 請求 2.5

宛先を選択すればオッケーです。

Kyash 請求 1

これで、確認画面へ行くと、ユーザー選択になり請求が可能になります。

Kyashu 請求 3

自分は初めてでしたが、たった数分で請求ができました。

Kyashの送金方法

Kyashの送金方法は請求方法とほぼ一緒です。

請求が送金になっただけなので、請求同様、金額とユーザーを選択すればサクッと送金ができます。

こちらは請求のインターフェースと変わらなかったので、スクショは省略させていただきます。

上記の請求方法を参考にしてみてください。

Kyashのまとめ

Kyashについて、個人的には誰にでも請求できる点は非常につかいやすいと思いました。

さらにKyashの場合はバーチャルプリペイドカードにチャージされる形なので、余分な手数料を取られないのも評価できるポイントです♪

paymoでは現金で入金されるという利点はありますが、200円の手数料を取られるんですよね〜。

この200円が節約家にとっては、無性に悔しいんですよ(^^;;

金額的に考えても「絶対現金で欲しい!!」という人でなければKyashの方がお得だと思います。

自分も今後はKyashの方をメインに使っていく気がしますね(^ ^)

Kyash(キャッシュ) - かんたん送金アプリ 請求や割り勘にも

Kyash(キャッシュ) – かんたん送金アプリ 請求や割り勘にも
開発元:Kyash
無料
posted with アプリーチ

本日限定のキャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、6/25の本日限定でYahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大11,000円相当のTポイントが貰えます

yahoo カード 2017:06:25

 

作成して5,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で6,000ポイントで合計11,000ポイントです

 

しかも、5,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならばなんと6,000ポイントも多くもらえますよ♪

 

本日限定のキャンペーンなので急いで申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする