おやすみたまごの口コミは本当に悪評ばかり!? 1年半使って検証してみました

シェアする

赤ちゃんが出来てから自分の時間って本当に少なくなります。

唯一、ゆっくりできる時間といえば赤ちゃんが寝てる時。

この時間だけはお母さん、お父さんがゆっくりできる天国タイムです。

でも、抱っこや車で眠った時「よし、このまま布団に寝かそう」とゆっくり置くんですが、置いたとたん泣いてしまうなんて経験ありませんか??

「うわ〜、なぜだ〜!!」と叫びたくなったことがある人も多いと思います。

自分もそのような経験があったので、何かいい方法がないかといろいろ探していたところ、いき着いたのが…

おやすみたまご

おやすみたまご 1

このおやすみたまごは知り合いのお母さんから聞きました。

どうやらそのお子さんはおやすみたまごで寝かすようになってから、熟睡できるようになり、ちょっとやそっとのことでは起きなくなったそうなんです。

その時はわらにもすがる思いだったので、自分も即購入!!

しばらく使ってみたところ、今迄が嘘のように熟睡してくれるようになりました。

しかも、抱っこや車から移動しておやすみたまごに置くと、起きずにそのまま寝てくれるんです!(◎_◎;)

それからというもの、我が家ではどこに行くにもおやすみたまごを持っていくほとになってしまったんですよね。

そんなこんなで、子供と格闘しながらも日々が過ぎ去っていき、すでにこのおやすみたまごを購入してから1年半が経ちました。

おそらく、自分同様の悩みを抱えて、最終的にこのおやすみたまごに行き着いた方が多くいらっしゃると思いますので、今回はこのおやすみたまごを1年半使ったレビューを紹介していこうと思います。

購入しようか迷っている人は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

おやすみたまごを購入してよかったポイント

とにかくぐっすり寝てくれるようになった

うちの場合は冒頭でも言ったように、本当にぐっすり寝てくれるようになりました。

どうやら、これにはいくつか理由があって、一番はCカーブというものが大きな効果をもたらしてくれているとのこと。

赤ちゃんは少し前屈みでカーブしている方が酸素が体に入りやすい楽な姿勢なんだそうで、この姿勢をCカーブというようです。

正にお腹の中にいる時がこの姿勢だと思います。

赤ちゃん お腹 妊娠 1

おやすみたまごに赤ちゃんを載せると、このCカーブを再現してくれるので、赤ちゃんはリラックスしてぐっすりと寝ることができできるみたいですよ(^ ^)

確かに、このおやすみたまごの上に乗せている時は赤ちゃんもなんか気持ち良さそうにしているんですよね。

カバーを洗える

地味なポイントですが、おやすみたまごは外のカバーと中のクッションを分けることができるので、カバーだけ丸洗いできます。

おやすみたまご クッション

赤ちゃんといろんなものをこぼしますし、いつの間にか汚れていることって多いです。

でも、カバーだけ洗えるのでいつも清潔に保つことが可能。

ちょっとクッションを入れるのに手間取るかもしれませんが、慣れればすぐにできるようになります。

おやすみたまごのここが残念

値段がやや高い

性能は非常に素晴らしいのですが、やはり一番残念なのは値段設定です。

自分はYahoo!で購入したのですが、値段は約11,000円。

おやすみたまご 金額

1万円の大台を超えてくると流石に簡単には手を出せない金額です(^^;;

Yahoo!プレミアム会員だったこともあり、大量のTポイントが貰えたので、Yahoo!ショッピングで購入したのですが、還元率分をいれても約10,000円でしたからね。

自分の子供にもおやすみたまごが本当に効くかわからないという点を考えると、ちょっと悩んでしまうところです。

落ちてしまうこともある

赤ちゃんが寝返りするようになると、おやすみたまごから落ちてしまう可能性もあります。

実際、うちの子もよくおやすみたまごから、落ちていたことがありました。

ただ、高いところで寝かしつけていたわけではないので、おやすみたまごから落ちても特に困ったことはありません。

落ちたことで、起きてしまったことは多いですけどね(^^;;

当然ですが、高いところで使ったら危ないので、くれぐれも赤ちゃんたまごを使う時は低いところで利用するようにしましょう!!

また、落ちるのが心配な方はひとまわり大きいおやすみたまごプラスを検討するといいかもしれません。

息をしずらそうではない

おやすみたまごは赤ちゃんを載せるとクッションが沈み込んでしまうため、赤ちゃんが息をしずらくなってしまうのではないかと心配するかもしれませんが、我が家に関してはそんなことはありませんでした。

寝る時はしっかりと横を向いて寝ていましたし、口を覆ってしまうほど沈み込んでしまうわけではありません。

仰向けに寝かせていたのが、いつのまにかうつ伏せ状態になってしまっていたこともありましたが、特に問題はありませんでした。

でも、どうしても気になるという方は購入するのを控えた方がいいかもしれません。

おやすみたまごを使えた期間

うちの子の場合は1歳を過ぎたくらいから、使わなくなりました。

どちらかというと、大きくなったので使えなくなったというのが正しい表現でしょうか(^^;;

なので、赤ちゃんによっては変わってくると思いますが、使用期間はだいたい1歳ぐらいまでだと思います。

ちなみに我が家で使っていたのはレギュラータイプなので、おやすみたまごプラスにすればもう少し長く利用できるかもしれません。

もちろん、大きい分値段はアップしますが…

ただ、使用できなくなってからもお昼寝する時はおやすみたまごのところで寝るので、気に入っているのかもしれません。

保育所ではおやすみたまごなしでも全然寝ているようなので、おやすみたまご依存症(?)というわけではないのですが、赤ちゃんながらながら感じるものがあるのかもしれませんね。

おやすみたまごを安く購入するには??

当ブログは節約ブログですので、おやすみたまごを安く購入する方法も紹介します。

自分が一番オススメなのはやはり、Yahoo!ショッピングです!!

Yahoo!ショッピング 1

Yahoo!ショッピングはポイントが倍増される仕組みが多くあり…

上記を駆使すれば還元率は11%!!

おやすみたまごを実質11%引きで購入することが可能です。

もちろん、楽天やAmazonでも購入できますが、やはりYahoo!ショッピングと比べると見劣りしてしまうんですよね。

また、Yahoo! JAPANカードをまだお持ちでない方は、こちらを作成すると5,000P〜10,000P分のTポイントがもらえるキャンペーンをよく実施しています。

このポイントでおやすみたまごを購入すれば50%以上安く購入することも可能ですよ♪

キャンペーンを実施中の時はチャンスなので、上手に利用しましょう!!

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンを確認する

おやすみたまごのまとめ

おやすみたまごは本当に我が家の救世主になってくれました。

購入前と購入後では自由な時間が1時間近くは増えましたからね。

この1時間があるとないとでは雲泥の差です。

購入してよかった子育てグッズTOP3の中には余裕で入ってきます。

どうやら巷では神アイテムなんて呼ばれているようですが、自分も納得です(^ ^)

ただ、我が家の赤ちゃんには効果がありましたが、全ての赤ちゃんに対して効果があるかはわかりません

中には全く効果がなかったという口コミもあったので、おやすみたまごでもぐっすり寝てくれない赤ちゃんもいるんだと思います。

こればっかりは実際に寝かしつけてみないとわからない部分です。

なので、個人的には知り合いの人がもっている場合は一度貸してもらって試してみるというのが一番最善の方法だと思います。

それで効果があった場合は購入するというのがいいのではないでしょうか。

残念ながら近くに持っている人がいない場合は、これはもう賭けにでて購入しちゃいましょう。

悩んでても何も解決しませんからね(^^;;

とりあえず、自分の周りでは悪評は聞きませんし、自分も非常に満足度の高かった商品です。

赤ちゃんだけでなく自分にも効果のあるアイテムだと思いますよ♪

本日限定のキャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、6/25の本日限定でYahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大11,000円相当のTポイントが貰えます

yahoo カード 2017:06:25

 

作成して5,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で6,000ポイントで合計11,000ポイントです

 

しかも、5,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならばなんと6,000ポイントも多くもらえますよ♪

 

本日限定のキャンペーンなので急いで申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする