ホントに電気代が安くなる?? myでんき(東燃ゼネラル石油)のメリットや特徴、注意点のまとめ

シェアする

電力自由化になり、様々な会社が電力事業に参入してきています

その中でも特に、ガソリンスタンドを運営する大手企業の参入が目立っていますよね

ENEOSや昭和シェルなどが新たな電気料金プランを打ち出しましたが、ESSOを運営する東燃ゼネラルグループも…

myでんき

myでんき ロゴ

という名称で新たな電力サービスの運営を開始しました(^ ^)

ガソリンスタンドと密接な関係があるので、ガソリン料金が安くなるなどの”セット割り”に重点をおいたプランを提供するかと思いきや意外にもシンプルでわかりやすい料金プランになっているんですよね

今回はそんな東燃ゼネラルグループが運営するmyでんき“のメリットや特徴、注意点などを徹底的に紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

myでんきとは??

東燃ゼネラルグループ」は、かつてのモービル石油・エッソ石油・東燃・ゼネラル石油の4社をベースに設立されました。

東燃ゼネラル 1

日本資本を中心とした製販一体のエネルギー関連企業グループで、現在は、エッソ・モービル・ゼネラルのブランドで、全国に約3,400のサービスステーションを展開しています。

「myでんき」は、この「東燃ゼネラル石油」が提供する新電力のブランドになります。

myでんきの特徴

東燃ゼネラル石油は、グループ会社の保有する発電所や各工場の自家発電設備を活用し、1994年に電力の販売を開始。

電気 3

こうした自前の発電設備を保有することで、2011年に計画停電が行われた際にも電力供給を続けることができました(^ ^)

そして、電力小売自由化に向けた流れが加速する中、2015年には法人に向けた特別高圧・高圧分野における電力の販売も開始。

また、独自に発電所の建設を計画するなど、電力を経済的・長期的・安定的に供給できる体制を整える準備も進めています。

このように20年以上に渡って電力事業を続けてきた東燃ゼネラル石油も、2016年4月の低圧も含めた電力小売市場の全面自由化において、電力小売市場へ参入することになりました♪

すでに20年以上の実績を持つ電力事業者でもある東燃ゼネラル石油は、電力の安定供給に対する信頼性が高いことも大きな特徴です。

myでんき」は、東京電力エリアを皮切りに、関西電力エリアと中部電力エリアでの電力販売にも乗り出しています。

東京電力エリアにおいては、2016年4月からサービスの提供が開始されています。関西電力エリアと中部電力エリアでは、2016年4月から申し込み受け付けとサービス提供を同時にスタートしました。

myでんきの対象エリア

「myでんき」のサービス対象エリアは、首都圏をはじめ中部地方・関西地方が供給エリアとなります(一部地域・離島を除く)(^ ^)

地域 エリア 対象 日本

下記記載の都府県にお住いの人が対象です

また下記以外の地域にお住まいの人でも、離島にお住まいの人や、高圧一括受電や社宅など建物全体での電力受給契約を結んでいる人はサービスの対象外となることがありますので注意してください

東京電力エリア

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県の一部(富士川以東)

中部電力エリア

  • 愛知県
  • 静岡県(富士川以西)
  • 三重県(一部地域を除く)
  • 岐阜県(一部地域を除く)
  • 長野県

関西電力エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県(赤穂市福浦を除く)
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 滋賀県
  • 福井県(三方郡美浜町以西)

myでんきの料金プラン

2016年4月の電力小売市場の全面自由化において、新規参入する電力事業者の多くは本業との相乗効果を狙った、いわゆる「セット割」を大きなアピールポイントとしているのに対し、「myでんき」では基本的に電力のみの販売を行います。

意外にもガソリンスタンドを運営しているんですが、ENEOSでんきや昭和シェル電気のようにガソリンが割引になるようなプランはありません(^^;;

そのため「myでんき」の特徴を打ち出すためには、東京電力などの既存電力会社の料金プランよりも、さらに低額であることをアピールすることが求められます。

よって「myでんき」では乗り換えるだけで電気料金が安くなるという単純な仕組みになっているんです。

「電力自由化には興味があるけど、面倒なのはチョット…」という人にオススメの料金プランといえます(^ ^)

「具体的にどれくらい安くなるの??」っと気になる人もいると思いますので。参考までに東京電力の電気料金と比較していきましょう。

東京電力の従量電灯Bに比べると、「myでんき」に乗り換えた場合の割引率は3%~6%になります。

契約容量によって割引率が決まる仕組みで、とても分かりやすい料金プランなんです。

また、東京電力の従量電灯Cと比べると割引率は6%になります。

6%って結構凄い数字ですよね♪

家庭向けの従量電灯契約では、30アンペア未満のサービスを行わないなど、低圧でより多くの電力を使う世帯にサービス提供先を限定している点も、「myでんき」の特徴の1つです。

ちなみに、東京電力は2016年6月1日から低圧電力の料金を値上げする予定なのに対し、「myでんき」は、その後も現行の価格体系に沿った料金プランを維持しますので、東京電力の値上げ後も「お得感」を感じてもらうことができると思います♪

下記で「myでんき」の従量電灯B・Cにおける月額料金表と「myでんき」に乗り換えた場合の、従来の電力料金からの割引額のイメージを表にまとめました。

「myでんき」への切換えを検討する際に、参考にしてみて下さい(^ ^)

従量電灯B

月額料金表

契約容量基本料金電力量料金
〜120kWhまで120kWh~300kWh300kWh超
30A817円13銭
18円85銭25円13銭29円03銭
40A1,067円04銭18円46銭24円61銭28円43銭
50A1,333円80銭18円46銭24円61銭28円43銭
60A1,583円71銭18円26銭24円36銭28円13銭

年間割引額イメージ

契約容量割引率年間割引額
100kWh/月300kWh/月600kWh/月
30A3%
1,000円2,800円6,100円
40A5%
1,800円4,900円10,300円
50A5%
2,000円5,000円10,400円
60A6%
2,600円6,300円12,700円

従量電灯C

月額料金表

契約容量基本料金電力量料金
〜120kWhまで120kWh~300kWh300kWh超
6kVA~50kVA未満263円95銭18円26銭24円36銭28円13銭

年間割引額イメージ

契約容量割引率年間割引額
100kWh300kWh600kWh
6kVA~50kVA未満6%3,400円7,100円13,500円

myでんきのメリット

信頼度は抜群

東燃ゼネラル石油が持つ発電と電力事業に関する実績は大きなメリットだと思います

東燃ゼネラル石油が電力の販売を開始したのは1994年のことなので長い歴史があるんです(^ ^)

電力事業においてすでに20年以上の実績を持っている東燃ゼネラル石油が提供する「myでんき」には、電力の安定供給に対する高い信頼性があるといっていいでしょう♪

プランがわかりやすい

現在の電力会社から「myでんき」に乗り換えると、30Aで3%、40Aと50Aで5%、60Aで6%と契約容量によって割引額が決まり、契約容量が大きくなると割引額も大きくなる仕組みです

使用量は割引額に影響を与えないので、電気を使った月も使わなかった月も割引額が一定になるのも「myでんき」の特徴だと思います

オッケー

どのくらい割引になるか”はっきり”しているのはわかりやすくていいですよね(^ ^)

解約での違約金がない

「myでんき」の契約期間は1年間で、1年ごとの自動更新になります。

契約期間内に解約しても違約金が発生しないことも「myでんき」のメリットの1つです。

お金 驚き

1年以内に解約すると違約金が発生するところもありますが、myでんきならその心配がないので試しに乗り換えなんてこともできちゃいますよ(^ ^)

myでんきのデメリット

契約容量が少ない人は契約できない

「myでんき」で用意されている料金プランは、東京電力の従量電灯Bでは契約容量が30Aから60Aまでと、従量電灯Cの契約をしている世帯のみとなります

したがって、それ以外の契約を結んでいる場合は、対象エリア内であっても「myでんき」に乗り換えることはできません

「myでんき」への切換えを検討している人は、一度自分の契約内容を確認してみる必要があります

もし確認して、従量電灯Bの30A未満だった場合はmyでんき以外の電力会社と契約するのがいいと思いますね(^^;;

セット割などのプランがない

myでんきはわかりやすい料金プランになっているので、電気料金での割引以外にも割引を受けられるセット割などはありません

期待している人にとっては、セット割を提供している他の新電力を検討したほうが良いかもしれません。

myでんきのまとめ

「myでんき」の最大の特徴は、シンプルな料金プランにあります。東京電力の従量電灯Bで契約容量が30A以上(60Aまで)のご家庭なら、確実に電気代の節約につながることがひと目で分かる仕組みになっています(^ ^)

自社製品による割引も組み合わせたセット割を提供していないことを残念に感じる人もいるでしょうが、いっぽうでは、そうしたサービスを含む料金プランを複雑だと捉える人もいるかもしれません

このように感じる人にとって、電気料金に特化した割引を提案する「myでんき」は魅力的な新電力ではないでしょうか

1年未満の解約違約金も発生しませんので、気になっている人はいちど試してみるのも良いかもしれません♪

また、下記リンク先では電気代が安くなるかのシミュレーションができますので、まずは安くなるかどうか調べてみて下さいね

myでんきで電気代をシミュレーションする

キャンペーンに参加してちょっと贅沢しませんか??

 

「今月金欠だけど、ちょっと贅沢したいな〜」という人はいませんか??

 

そんな方にはYahoo! JAPANカードのキャンペーンがオススメです(^ ^)

 

なんと、現在Yahoo! JAPANカードを作成すると…

 

最大7,000円相当のTポイントが貰えます

ヤフーカード 7,000円

 

作成して3,000ポイント、申込みした翌月末日までに1回利用で4,000ポイントで合計7,000ポイントです

 

しかも、3,000ポイントは申し込みをして最短2分で貰えてしまいます!!

 

ポイントは期間固定Tポイントなので"ヤフーショッピング"、"ヤフオク!"、"LOHACO"などのヤフーのサービスでしか使えませんが、日頃からこれらのサービスを使っている方には大変お得なキャンペーンです

 

通常は合計5,000ポイントしか貰えませんので、今ならば2,000ポイント多くもらえますよ♪

 

12月8日までの期間限定なので、是非このお得な期間に申し込みしてくださいね(^ ^)

 

Yahoo! JAPANカードのキャンペーンはこちら

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする